2008年10月22日

シソで花粉症対策

シソは、花粉症対策の定番です。花粉シーズンには、爆発的に売り上げが伸びるそうです。なおシソは、昔から殺菌作用が知られ、薬味や刺身のツマなどとして利用されていきました。
シソに含まれるポリフェノールの一種であるロズマリン酸には、炎症を和らげる働きがあると言われています。またシソには、抗アレルギー成分のルテオリンも含まれています。
シソは、葉にして1日6〜10枚食べるのが目安です。また青ジソと赤ジソでは、赤ジソの方がロズマリン酸の含有量が多く、また赤色にはポリフェノールの一種アントシアニンも含まれています。
なおシソの実(エゴマ)には、花粉症に良いと言われている必須不飽和脂肪酸であるαリノレン酸が含まれています。
posted by dddk at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | シソで花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スギ花粉症

花粉症と言えば、一般的にスギ花粉症を指します。スギ花粉症は、花粉症患者の中で最も多く、全体の約80%を占めているからです。スギ花粉症患者が花粉症の約80%を占める原因には、戦後国策として行われたスギ造林計画があります。
なおスギ(杉)は、屋久島から東北地方まで分布しています。杉が花粉を飛ばす2〜4月には、杉が少ない北海道や沖縄に避難するスギ花粉症患者もいるそうです。
posted by dddk at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症と大気汚染

花粉症の増加には、スギ造林計画や大気汚染(ディーゼルエンジン)が関係していると考えられています。花粉とディーゼルエンジンの排気ガスを混ぜて体内に注入した場合、花粉単独よりもIgE抗体(花粉症の原因物質)の量が数倍増えるそうです。また排気ガス単独だけでもIgE抗体の生産に重要なサイトカインという物質が鼻の粘膜で作られることも分かったそうです。
ディーゼルエンジンの不完全燃焼によって出る排気ガス(DEP)が、体内に入ると通常の3〜4倍ものIgE抗体(花粉症の原因物質)が生み出され、花粉に敏感に反応するようになるとの報告もあります。
posted by dddk at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花粉症と遺伝

花粉症と遺伝の関係は、まだ明確に解明されていません。しかし花粉症に限らず、アレルギー性疾患は、遺伝が深く関わっていると考えられ、花粉症も遺伝が少なからず関わっていると考えられています。しかし親が花粉症になりやすい遺伝子をもっていたとしても、その子供が100%花粉症になるわけではありません。花粉に接する機会が少なければ、一生花粉症にならずに生涯を終えることもあります。また親より若くして花粉症になる場合もあります。
花粉症などのアレルギー性疾患は、遺伝だけがでなく、食生活・生活習慣・環境・ストレスなどの要素が関わっています。
posted by dddk at 12:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。