2008年10月29日

食生活で花粉症対策

花粉症対策では、花粉と同時に食生活も気を付ける必要があります。人が健康な生活をするには、食生活が重要です。食生活が乱れると病気になりやすくなったり、病気になることがあります。
食生活では、バランスの取れた適量の食事が重要です。食生活だけが原因ではありませんが、日本では食生活の欧米化とともに花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患が増加してきました。欧米化された食事は、動物性たんぱく質や脂質が多く、食物繊維など腸内環境を整える栄養が不足がちです。食生活は、魚や大豆など和食中心の食事にし、腸内環境を整えましょう。なお花粉症と腸の免疫システムが関係していることが明らかになってきています。また過剰な飲酒も控えましょう。
なお花粉症に良いと言われるヨーグルト・シソ・青魚・お茶なども積極的に摂取しましょう。
posted by dddk at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食生活で花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月28日

生活習慣で花粉症対策

花粉症対策では、花粉と同時に生活習慣も気を付ける必要があります。人が健康な生活をするには、睡眠や運動などの生活習慣が重要です。生活習慣が乱れると病気になりやすくなったり、病気になることがあります。
睡眠時間は、規則正しく、十分に取ることが必要です。睡眠時間が乱れたり、不足すると自立神経のバランスが崩れたり、疲労が取れなかったりします。起床時間・就寝時間を規則正しくし、生活リズムを整えましょう。朝型の生活がおすすめです。
運動は、健康維持に不可欠です。現代人の多くは、運動不足だそうです。運動には、血液循環を良くしたり、ストレスを解消する働きがあります。また睡眠にも役立ちます。なお花粉が飛散する時期は、室内で行いましょう。
ストレス発散は、ストレス社会で暮らす現代人には不可欠です。ストレスは、体や心の健康に影響を与えます。ストレスを蓄積しないよう、そして蓄積したストレスを発散するように心掛けましょう。
また花粉が飛散する時期には、入浴・うがい・掃除などの生活習慣にも気を付けましょう。
posted by dddk at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣で花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年10月22日

トマトで花粉症対策

トマトの抽出物NGC(ナリンゲニンカルコン)に花粉症の症状を緩和する効果があることをキッコーマンと日本デルモンテの共同研究によって発見された。トマトの果皮に含まれるナリンゲニンカルコンは、シソの葉に含まれるロズマリン酸・玉ねぎやリンゴのケルセチン・甜茶などのポリフェノール類と同様に炎症を抑える効果があり、同時に発生する活性酸素を抑制する働きも期待できるそうです。ただしナリンゲニンカルコンは、スーパーなどで販売されている生食用トマトにはほとんど含まれておらず、トマトケチャップやトマトジュース用の特別なトマトの果皮に含まれているそうです。しかしその皮も製造時に取り除かれる為、トマトケチャップやトマトジュースにもほとんど含まれていないそうです。今後を待つしかないようです。
posted by dddk at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨーグルトで花粉症対策

ヨーグルトは、花粉症対策の定番中の定番です。あるテレビ番組でヨーグルトは、花粉症に良いと取り上げられ、話題となりました。
花粉症に限らず、アレルギー疾患の方は腸内環境が悪化していることがが多い。そこで腸内環境を整えるのがヨーグルトです。ヨーグルトには、乳酸菌が含まれ、腸内細菌のバランスを整え、腸内環境を整える働きがあります。
ヨーグルトは、毎日食べましょう。オリゴ糖や食物繊維と一緒に摂取すると相乗効果が期待できます。果物と一緒がおすすめです。
posted by dddk at 16:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | ヨーグルトで花粉症対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。