2008年10月22日

トマトで花粉症対策

トマトの抽出物NGC(ナリンゲニンカルコン)に花粉症の症状を緩和する効果があることをキッコーマンと日本デルモンテの共同研究によって発見された。トマトの果皮に含まれるナリンゲニンカルコンは、シソの葉に含まれるロズマリン酸・玉ねぎやリンゴのケルセチン・甜茶などのポリフェノール類と同様に炎症を抑える効果があり、同時に発生する活性酸素を抑制する働きも期待できるそうです。ただしナリンゲニンカルコンは、スーパーなどで販売されている生食用トマトにはほとんど含まれておらず、トマトケチャップやトマトジュース用の特別なトマトの果皮に含まれているそうです。しかしその皮も製造時に取り除かれる為、トマトケチャップやトマトジュースにもほとんど含まれていないそうです。今後を待つしかないようです。
posted by dddk at 16:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。