2008年10月21日

花粉症のメカニズム

花粉症は、他のアレルギー疾患と同じようにアレルギー反応のひとつです。アレルギー反応は、健康を維持する為の免疫システムです。花粉症は、次のように起こります。
(1)が鼻や喉から侵入する。
(2)マクロファージが花粉をキャッチし、リンパ球に伝達する。
(3)リンパ球が花粉に対抗する為、IgE抗体をつくる。
(4) IgE抗体は肥満細胞表面にが付き、蓄積される
(5)再び花粉が侵入し、IgE抗体をつくる。
(6)IgE抗体が一定量を超えると 肥満細胞からヒスタミンなどが分泌される。
(7)くしゃみ・鼻水などのアレルギー反応が起こる。
花粉は、毎年体内に侵入し、何年もかけてIgE抗体が作り続けられます。そしてIgE抗体がある一定量を越えると突然肥満細胞がらヒスタミンなどの炎症物質が分泌され、今までとは違ったアレルギー症状を引き起こすようになります。IgE抗体がどのくらい蓄積すると花粉症が発症するかは個人差があります。大気汚染がひどい地域、特にディーゼル車の排ガスが多い地域は、花粉症患者が多いと言われています。
posted by dddk at 18:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症のメカニズム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。