2008年10月21日

花粉症増加要因

花粉症患者が急激に増えた原因は、戦後の国による造林計画によってスギ花粉の増加と自動車の排ガスや工業化による大気汚染によって鼻の粘膜が弱ったことです。また最近になって腸の免疫システムも花粉症に関係していることが明らかになってきた。小腸は、食物の消化・吸収器官であると同時に体全体の約60%の免疫細胞や抗体を持っています。この免疫システムを司る免疫細胞の数や質のバランスが崩れた場合、アレルギー疾患になりやすいことが分かってきたそうです。しかし完全な解明には、まだ時間が必要だそうだ。
posted by dddk at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症増加要因 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。